未経験可のWEBデザイナーの求人は実際にどのくらいのスキルが求められる?

未経験可の求人はどのくらいのスキルが求められる?
所要時間:約955

全くの未経験からWEBデザイナーを目指す場合、まずは未経験可の求人から受けていくことになると思います。

しかし、未経験可の求人とは言ってもWEBデザインについて全く何も知らない状態では採用される可能性は極めて低いです。

例えるならばパソコンを使えない人が事務職の仕事を応募するようなもので、未経験可であってもいくらかの知識や技術は必要なのです。

今回は未経験可で求人を出している会社が未経験者にどれぐらいのスキルを求めているのかについてお話していきます。

知識や技術がゼロだと採用されるのは難しい

未経験可の求人はWEBデザインの職業経験が未経験可という意味であって、WEBデザインの知識や技術を全く知らない初心者でもOKという意味ではありません。

未経験者のための研修プログラムや新人教育の制度がある会社であっても、それはレベル0の初心者を対象にしたものではないのでないのです。

私は人事もやったことがあり採用にも携わったことがありますが、やる気がある人は最低限の努力はしてます。

やる気さえあれば採用される可能性があるかもという考えは捨ててください。

もちろんやる気はとても大事ですが、それを見える形で示してもらわないと採用してもらえる可能性がグッと低くなります。

厳しいことを書きましたが、未経験の人間に現役のWEBデザイナー並みのスキルを求めているわけではありません。(求めている会社もありますが)

最低限の身に着けておくべきスキルは、自身で努力して習得することが大事だということです。

未経験者に求められるスキルは?

正直な話、未経験者に求められるスキルは会社によって様々です。

スキルは高いほど企業から採用される可能性は上がりますが、それだといつまで経ってもなかなか就職・転職活動をスタートできません。

なので一般的にこれだけ知っておけば採用の可能性が上がるというものをこれまでの経験からお答えいたします。

最低限必要なスキル

1.
Dreamweaverを使用してHTML/CSSでコーディングが出来る
2.
PhotoshopまたはIllustratorの基本操作および簡単なデザイン作成が出来る
3.
サイトの制作実績

上記が未経験可の求人に応募しても大丈夫と思うギリギリ最低限のレベルです、これ以下では全く仕事を任せられません。

これが出来れば採用されるというわけではないですが、一応ギリギリ仕事の一部を任せることができるレベルではあります。

Dreamweaverを使用してHTML/CSSでコーディングが出来る

とくにこれは重要で、これが出来れば仮にデザインが出来なくてもデザインデータを渡してコーディングしてもらうところまでは任せられます。

コーディングに関しては1サイト全て自分の力でコーディングできるレベルのスキルは必要です。

これが出来れば未経験者であっても採用される可能性はグッと高くなります。

PhotoshopまたはIllustratorの基本操作および簡単なデザイン作成が出来る

これももちろん重要ですが、未経験者が採用されることを目的とした場合の優先順位は『Dreamweaverを使用してHTML/CSSでコーディングが出来る』ことです。

WEBのデザインと絵を描いたりするデザインとでは全く別物で、WEBのデザインに関しては実践の経験を積んで磨かれるものです。

WEBのデザインはコーディングに比べて習得に時間がかかると感じています、私であれば未経験者には最初からサイトデザインを任せたりはしません。

なので、必要最低限のレベルとしてはPhotoshopまたはIllustratorの基本的な操作と簡単なバナーの作成などが出来れば大丈夫ではないかと思います。

ちなみに制作の現場ではサイト全体のデザインはPhotoshopを使われることが多いです。

サイトの制作実績

簡単でもいいのでサイトの制作実績をポートフォリオ(作品集)などで見せると採用される可能性が高くなります。

サイト以外にも制作したバナーなどはポートフォリオに載せておきましょう。

デザインがまだまだ未熟であっても、この時点ではサイトを自分でコーディングできる程度の実力を見せることが出来ればOKです。

完璧に準備しようとするとキリがありませんし、結局のところ本当に必要なスキルは実務の中でしか養われません。

ここまで出来たら早い段階で就職・転職活動をスタートさせましょう。

あると有利なスキル

1.
HTML5
2.
CSS3
3.
スマートフォンサイト制作
4.
レスポンシブサイト制作
5.
jquery&javascript
6.
wordpress
7.
SEO基礎知識
8.
PHP

上記が最低限必要なスキルに加えて習得しておけば有利になるスキルです。

上から順番に未経験者の就職を想定した場合の優先順位です。

HTML5

普通のHTMLを覚えた人にとっては習得は容易いと思います。

習得に時間の掛かるものではないので、せっかくHTMLを覚えたのであればHTML5まで覚えましょう。

sectionやarticleなどのHTML5で新しく出てきたタグとその使い方を覚える程度で大丈夫です。

CSS3

CSS3もHTML5と同様でCSSが分かっていれば習得は容易いです。

ザックリいうと今までのCSSで表現できなかったことをCSS3で表現できるようになります。

角を丸くするborder-radiusや文字に影を付けるtext-shadowなどです。

これも覚えるだけなのでCSSまで習得したのであれば一緒に習得したほうがいいです。

よく下記のような質問を受けるのですが、

  • ・HTMLとHTML5はどっちを勉強したほうがいいですか?
  • ・CSSよりCSS3を勉強したほうがいいですか?

HTML5もCSS3もHTMLとCSSの延長線上にあるものです、まずはそれらの基本となるHTMLとCSSを習得してください。

スマートフォンサイト制作

時代的にWEBサイトはモバイルファースト、つまりPCサイトよりスマホサイトを第一に考えようということです。

今やサイトの閲覧数も半分かそれ以上はスマホからのアクセスなのです、なのでスマホサイトの制作経験があることは大きな武器となります。

構造自体はPCサイトよりもシンプルなものが多いので、ポートフォリオの制作実績に1サイトでも載せれば面接時に好印象です。

レスポンシブサイト制作

上記のモバイルファーストの動きによって最近よく使われる制作手法です。

PC・タブレット・スマートフォンなど端末が多様化していくなかで、それぞれPC用サイト・タブレット用サイト・スマホ用サイトと別々に制作するのは制作コストも運用コストもかかります。

このレスポンシブサイトと言うのは、端末の幅によって読み込むCSSを制御して表示をそれぞれの端末用に表示を変形するサイトのことです。

これによって一つのHTMLで複数の異なるサイズの端末でそれぞれに最適なデザインを表示させることができます。

デザインも端末によって変形させることを想定したデザインにする必要があります、主にシンプルでフラットなデザインが多いです。

やっていることは難しそうに聞こえますが、実はそれほど難しいものではないので余裕があれば習得したいところですね。

jquery&javascript

これまでのHTMLやCSSと違ってプログラミング的な動的な言語です。

習得難易度はHTMLなどに比べると高いですが0から書ける必要はありません、必要に応じて組み込めれば十分です。

wordpress

オープンライセンスの世界的にも有名なCMS(コンテンツマネージメントシステム)です。

現在もWEB制作の現場では幅広く使われてますが会社によっては一切使いません、私が初めて入社したWEB制作会社では使ったことがありません。

制作レベルが低いからではありません、受注している案件規模が大きすぎたからです。

例えば皆さんが知っているような某銀行や某保険会社、某クレジットカード会社などが無料で配布されているシステムを使って制作されると思いますか?

それぐらい大きな案件規模になると逆にwordpressは使いません、独自のCMSを開発します。

とはいえ多くの制作会社では使われていますし、今後個人でサイトを作る際には使用することにもなると思いますので、スキルとしては早い段階で習得しておいたほうがいいです。

SEO基礎知識

SEO会社に勤めない限りは専門的な知識は必要ありませんが、WEB業界を目指すのであればSEOの概要ぐらいは広く浅くでいいので知っておいたほうがいいです。

例えば、

  • ・昨今のSEO対策で重要となるのはあくまでコンテンツであり、つまりは文章が重要
  • ・一昔前の自作自演でリンクを貼って検索順位を上げるような手法は通用しない

など、習得するというほどのことではないのでザックリとした知識は頭に入れておきましょう。

PHP

これもプログラム言語の一種で習得難易度はHTMLなどに比べて高いです。

知っているともちろん有利ですが、これを未経験に求めている会社はないと思いますので優先順位は一番下にしました。

実際にphpまでできるWEBデザイナーはあまり多くないです。

未経験者に求めるスキルは会社によって様々

結局のところ、未経験可といっても会社が未経験者に期待するスキルは会社によって様々です。

完璧に準備してから就職活動をしようとするといつまで経ってもスタート出来ません、最低限必要なスキルまで習得したら思い切って就職活動をスタートさせて大丈夫だと思います。

就職活動と並行して、あると有利なスキルを習得しやすいものから手を付けていきましょう。

企業とのミスマッチを防ぐためにも、現状の自分のスキルを転職エージェントに相談しながら転職活動をすることをおすすめします。

私は片っ端から登録しましたが、本当におすすめできるのはマイナビクリエイター
ワークポートの2社と、関東圏内に特化したレバテックキャリアです。

いずれもクリエイティブ職に特化した転職エージェントとしては業界最大手です。

実際に私が就職が決まったのはマイナビクリエイターの方から提案された会社でしたが、ワークポートとレバテックキャリアの方から提案された会社が私の条件と少し会わなかっただけで、サポート内容としてはどちらの会社も素晴らしいです。

スポンサーリンク

役に立ったらシェア!