職業訓練やスクールに行けば就職先を紹介してもらえるって本当?

職業訓練やスクールに行けば就職先を紹介してもらえるって本当?
所要時間:約431

職業訓練やスクールに通うメリットとしてよく聞くのが、

  • ・学校側が就職先を紹介してくれる
  • ・学校まで企業がリクルートしにくる

というものですが、実際のところはどうなんでしょう?

これが高校や大学であれば就活シーズンになれば企業の人事の方がわざわざ学校まで来てリクルート活動に来ますよね。

不景気で就職が厳しいといわれている時代でも新卒だけはいつも売り手市場、企業も人材の確保に一生懸命です。

では、職業訓練校や専門学校などのスクールなどに通っている人の場合はどうなのでしょうか?

就職先を紹介してもらえることがあるのは本当

学校から就職先を紹介してもらえることがあるのは本当です、私は学校から紹介されたWEB制作会社に就職しました。

企業が学校にリクルートに来て、学校が生徒にその企業を紹介してくれるのです。

  • ・学校側が就職先を紹介してくれる
  • ・学校まで企業がリクルートしにくる

よって上記はどちらも事実なのです。

企業が職業訓練校やスクールにリクルートに来る目的は?

なぜ企業が職業訓練校やスクールにわざわざリクルートしに来るのか?

その目的は主に、

  • 未経験者の大量獲得
  • ただしWEB制作に関する基礎的な知識やスキルを習得済みであること

となります、これらを満たす人材を効率的に確保するために企業の人事は学校にリクルートに来るのです。

未経験者の大量獲得

もし企業が中途の経験者が欲しいのであれば学校にリクルートには来ないでしょう。

職業訓練や専門学校に通う人のほとんどは未経験者なことは企業も分かっています。

未経験者の大量獲得の主な目的は業務拡大のためか、新会社立ち上げのためであることが多いです。

もちろん経験者なのが一番いいのですがそれだと大量獲得が難しくなります、業務拡大や新会社立ち上げにはマンパワーが必要です。

ゆえに大量に獲得しやすい未経験者に目を向けるわけです。

ただしWEB制作に関する基礎的な知識やスキルを習得済みであること

未経験者の大量獲得とはいえWEB制作に関して全くの無知な人間に大量に来られても困ります。

最低限の基礎的な知識やスキルは身に着けて置いてもらわないと企業も採用するわけにはいきません。

企業は学校でどの程度のことを教えているかは事前に聞いているので把握しています。

そのうえで学校のカリキュラムを修了している程度の実力を持った未経験者の獲得を目的にリクルートしに来るのです。

どんな企業がリクルートに来る?

中規模~大企業であることが多いです。

前項の通り、職業訓練校やスクールにリクルートに来る目的は未経験者の大量獲得が目的です。

つまり、大量の未経験者を実践で使えるように育てる資金的な体力がある会社であるということです。

その会社は受けるべきか?

他に受けたい企業がなければ受けるべきでしょう。

あなたがまだ未経験である場合、まずは未経験可の会社に入る必要があります。

そしてその会社は未経験でも受け入れる準備のある会社です、一般公募の会社よりは採用される可能性も大きいです。

まれに零細企業のリクルートの可能性があります。(学校の近所なだけだったり)
会社名で調べて微妙な会社だったら受けないほうがいいかもしれません。

自身の努力が不可欠であることは忘れてはいけない

学校に通えば絶対にそこに就職出来るというわけではありませんので注意してください。

あくまでも学校側は『企業からリクルートが来たから受けてみませんか?』と応募を呼びかけるだけのスタンスです。

また、就職先を紹介してもらえるなら通おうと考えている人への注意が2つあります。

全員が紹介してもらえるわけではない

企業からしたら未経験者の中でもなるべくは優秀な人材が欲しいわけです。

学校でも課題を出さない、遅刻が多い、居眠りが多い、そんな生徒を受けさせるわけにはいきません。

受けさせる生徒の質が悪いと次回からはリクルートに来なくなるかもしれません、それでは学校側も困るのです。

紹介で受けても不採用になることがある

学校からの紹介であっても、企業の採用基準に満たない場合は容赦なく不採用となります。

以前も書きましたが、学校に行きさえすれば就職できるというわけではありません。

あくまでも一番大事なのは自身の努力です、学校はそれをサポートするだけにすぎないのです。

職業訓練(求職者支援訓練)に行けば未経験でもWEBデザイナーになれるのか?
WEBデザイナーになりたいけど全くの未経験からだと何から勉強したらいいか分からないから、まずは学校に通って勉強しよう! そう考えた方は...

学校からの紹介先が必ずあるわけではない

あくまでも会社を紹介してもらえることがあるというだけで、必ず紹介先があるわけではありません。

企業が学校にリクルートに来ないこともあるからです、リクルートに来る企業が無い以上は学校も紹介することができません。

企業がリクルートに来ない可能性については自身ではどうしようもありませんので、会社の紹介だけを目当てに学校に行くことはおすすめできません。

学校に行くメインの目的はWEBに関して学ぶこと、紹介先があったらラッキーぐらいに考えて自身で転職活動を進めていきましょう。

WEBデザイナーに強い専門型の転職支援サービス

マイナビクリエイター

マイナビクリエイターは大手転職サイト『マイナビ』が運営する、WEBデザイナーなどのクリエイター特化型の転職支援サービスです。

IT・WEB業界経験のあるクリエイティブ専門のコンサルタントが多数在籍しているのでWEBデザインの転職を考えているなら登録必須の転職サイト。

公式サイトを見る

ワークポート

IT・インターネット業界専門の転職支援サービスです。
転職コンシェルジュという担当のコンサルタントが転職を手厚くサポートしてくれます。

また独自の『eコンシェル』というスケジュール管理・選考管理・求人提案・セミナー案内などをしてくれるオリジナルのシステムがある辺りから力の入れ具合がうかがえます。

公式サイトを見る

知名度が高く登録企業が多い総合型の転職支援サービス

リクルートエージェント

リクルートエージェントは求人サービス系の会社としては最大手のリクルートが運営する転職支援サービスです。

WEBやITなどのクリエイター特化型ではないものの、やはり転職・就職の最大手企業ですので抑えておきたいところ。

転職求人情報サイトのリクナビNEXTと違い、転職エージェントという担当者が転職のサポートをしてくれるところが大きな魅力です。

公式サイトを見る

DODA -デューダ-

DODAは、こちらもリクナビと並ぶ転職市場最大手で運営元はインテリジェンスです。
転職市場ではかなり有名で求人の質が高い印象。

こちらもWEBやITなどのクリエイター専門ではありませんが、その豊富な求人数と知名度からして登録しておく価値はあります。

経験豊富なキャリアコンサルタントがマンツーマンで転職指導をしてくれます。

公式サイトを見る

役に立ったらシェア!

ランキング応援よろしくお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ