WEBデザイナー未経験なら、まずはアルバイトから始めるのも選択肢の一つ

未経験の場合はアルバイトから始めるのも選択肢の一つ
所要時間:約451

未経験でWEBデザイナーを目指している人の中でも、特に就職を急いでいない人や、まだ学校などに通っている人などは、まずはアルバイトから始めるのも一つの選択肢です。

むしろアルバイトから始めることのメリットもあるので検討する価値は十分あると思います。

アルバイトだと求められるスキルがそれほど高くない場合も多いので、正社員の求人に比べて未経験でも受けられる求人も多いです。

ちなみに私の場合はWEB制作会社に勤める前は、当時はガラケー全盛期だったのでガラケー向けのコンテンツ制作がメインのWEB制作会社でアルバイトをしていました。

色んな意味でグレーな会社でしたが、経験としては全く無駄ではありませんでした。

WEB制作会社と思ったらアダルトサイトと出会い系の会社だった話
私が入った一番最初のWEB制作会社について まず、私の転職体験からお話していこうと思います。 私が一番最初にWEB制作?会社に入...

今回は未経験者がWEBデザイナーを目指す場合、アルバイトから始めることのメリットについてお話します。

求められるハードルがそんなに高くないので採用されやすい

アルバイトだと未経験可の求人が正社員のものより圧倒的に多いです。

WEB業界は転職が当たり前な風潮にありますので転職する人も転職してくる人もそんなに珍しくありません。

私もWEB制作会社は三回も転職をしています。

せっかく未経験者を育てても転職していく可能性が高いので、最初から経験者を雇いたがる傾向にあります。

ゆえに正社員の募集は中途が優遇されます、WEB業界は新卒至上主義ではないのです。

しかし、アルバイト募集の場合は少し事情が違います。

  • ・正社員を雇うまでもないけどちょっとだけ人手が欲しい
  • ・WEBデザイナーを雇うほどではないが業務の一部を手伝ってほしい

など、主にWEBデザイナーの補助的な働き方が求められるのでそこまで高いスキルは求められません、むしろバリバリのWEBデザイナーに来られても手に余るといいますか・・・

そのような理由からアルバイトの募集の場合、正社員よりも求められるハードルも低いので未経験でも採用されやすいと言えます。

アルバイトと割り切れば求人選びに神経質にならなくていい

最終的なゴールがWEBデザイナーで正社員として働くことであれば、アルバイトの求人選びにそこまで神経質になる必要はありません。

入社してみてあまりよくない会社だったとしても、あくまでも就職するまでの間のアルバイトです。

実際に私も最初はかなりグレーな会社に入ってしまいましたが、アルバイトだったためそこまで問題になっていません。

WEB制作会社と思ったらアダルトサイトと出会い系の会社だった話
私が入った一番最初のWEB制作会社について まず、私の転職体験からお話していこうと思います。 私が一番最初にWEB制作?会社に入...

とはいえアルバイトでも可能な限りでいいのでしっかりしたWEB制作会社を選んでください。

そこで得られるスキルが全く違ってきます、なるべくは高いスキルを身に着けれる場所のほうがいいです。

お金を貰いながら現場で学ぶことができる

未経験として入るので最初から難しい作業をさせることはほとんどなく、WEBデザイン以外の雑務も任されるかもしれません。

ですが、次第に写真の切り抜きや補正などの単純作業から任されるようになります。

一つの作業が手放しで任せられるようになったら、次はまた別の作業を任せてもらえるようになってきます。

独学では習得に時間がかかりそうなものでも、実際に教えてもらえば案外すんなり覚えれるものです。

それに、やはり独学では身に付けることのできるスキルには限界があります。

教本などを見て覚えたつもりになってもそれはただの知識でしかありません、実際に現場で使えるスキルと言うには程遠いものです。

本当に必要なスキルやノウハウは現場の中でしか学ぶことができないものです。

アルバイトだと自分が思っているような仕事を任されない可能性だってあります、でも制作の現場で働くだけでも何かしら得るものがあります。

それらをお金を貰いながら学んで経験を積むことができるのです、これほどお得な学習法はないでしょう。

環境がWEBデザイナーを育てる

未経験でなかなか正社員採用の募集が見つからないと、ずっと探し続けるよりはアルバイトでも採用されればそれが経験となっていきます。

もちろん理想は最初から正社員として働くことですが、WEBデザイナーになるのに大事なのは早くWEB制作に関われる環境に身を置くことです。

まずはアルバイトでもなんでもいいので何とかしてWEB制作の現場に入ることが重要なのです。

また、アルバイトからスキルを磨いて自分でWEBサイトを作れるようになったとき、あなたはもう未経験者ではありません。

つまり経験者として正社員の求人に応募出来るということです。

そのままバイト先で正社員になれる可能性もある

もしそのアルバイト先が良い会社であればそのまま正社員登用してもらえる可能性もあります。

実際にアルバイトとして働いてみて働き心地の良い会社なのであれば、そのままそこで正社員になれればそれが一番ですよね。

良い会社かどうかというのは実際に働いてみないと分からないことがほとんどですが、それを実際に働いて知ったうえで入社できるのであればこれより理想的な転職活動はありません。


このようにアルバイトから始めることにはたくさんのメリットがあるのです。

転職活動が上手くいっていない人はアルバイトから始めることも是非視野に入れてみてください。

WEBデザイナーに強い専門型の転職支援サービス

マイナビクリエイター

マイナビクリエイターは大手転職サイト『マイナビ』が運営する、WEBデザイナーなどのクリエイター特化型の転職支援サービスです。

IT・WEB業界経験のあるクリエイティブ専門のコンサルタントが多数在籍しているのでWEBデザインの転職を考えているなら登録必須の転職サイト。

公式サイトを見る

ワークポート

IT・インターネット業界専門の転職支援サービスです。
転職コンシェルジュという担当のコンサルタントが転職を手厚くサポートしてくれます。

また独自の『eコンシェル』というスケジュール管理・選考管理・求人提案・セミナー案内などをしてくれるオリジナルのシステムがある辺りから力の入れ具合がうかがえます。

公式サイトを見る

知名度が高く登録企業が多い総合型の転職支援サービス

リクルートエージェント

リクルートエージェントは求人サービス系の会社としては最大手のリクルートが運営する転職支援サービスです。

WEBやITなどのクリエイター特化型ではないものの、やはり転職・就職の最大手企業ですので抑えておきたいところ。

転職求人情報サイトのリクナビNEXTと違い、転職エージェントという担当者が転職のサポートをしてくれるところが大きな魅力です。

公式サイトを見る

DODA -デューダ-

DODAは、こちらもリクナビと並ぶ転職市場最大手で運営元はインテリジェンスです。
転職市場ではかなり有名で求人の質が高い印象。

こちらもWEBやITなどのクリエイター専門ではありませんが、その豊富な求人数と知名度からして登録しておく価値はあります。

経験豊富なキャリアコンサルタントがマンツーマンで転職指導をしてくれます。

公式サイトを見る

役に立ったらシェア!

ランキング応援よろしくお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

質問やコメントはこちら

  1. nareruweb より:

    テスト